児童相談所(長谷川桜子)

児童相談所は、児童福祉法の第一線の現業機関で都道府県ならびに指定都市には児童相談所を設置しなければならない。

設置にあたり、人口50万人に1カ所程度の設置が必要とされ、2カ所以上設置される場合は、その一つを中央児童相談所に指定し、ほかの児童相談所を援助し連絡を図る。

業務は、(1)育児・健康・性格・進学・非行・心身障害・長欠や不就学・養護相談など広く児童に関する相談に応じる、(2)相談に応じた児童の総合的判定を行う、(3)児童および保護者に必要な指導を行う。

さらに必要がある時は、緊急保護など一時保護を行うほか、法に定める各種の措置をとる。

長谷川桜子~ベビー向け健康グッズ・食品雑貨・キッチン小物

児童委員

児童福祉法は、地域において児童福祉のために活動する民間奉仕者として児童委員を設置し、民生委員が兼務している。

その職務は、児童および妊産婦について、常にその生活および環境の状態を詳細に把握し、その保護、保健その他福祉に関して援助および指導をする。

また、児童福祉司や、社会福祉主事の行う職務に協力する。

具体的には、(1)担当区域内の状況把握、(2)要保護児童の発見と通告、(3)要保護児童に関する調査、(4)里親の開拓と調査、(5)母子衛生への協力、(6)地域における児童の健全育成に関する活動を行い、任期は3年である。

長谷川桜子~ベビー向け健康グッズ・食品雑貨・キッチン小物

きょうだい関係(長谷川桜子)

きょうだい関係は、家庭内において、年齢的にも近く、力量も似通った者同士の関係である。

したがって、社会的交流の仕方を習得したり、相互の援助や指導、そしてライバル意識による競争を経験するよい場となる。

しかしながら出生数の減少できょうだい数も少なくなっており、きょうだいをもたぬ1人っ子も多い。

きょうだい数や出生順、性別、年齢間隔が、子どもの知的発達や、人格形成に影響する。

長谷川桜子~ベビー向け健康グッズ・食品雑貨・キッチン小物

育児ノイローゼ

母親が子どもの育児への自信を喪失したり、不安が高まり、適切な育児ができなくなる状態。

主に初産で育児をはじめて経験する母親に多く、極端な場合には、母子心中や子殺しに至る場合もある。

核家族化し、地域で孤立化した母親が、育児についての悩みや苦痛を身近に相談できる相手をもっていないこと、また育児情報の氾濫で適切な情報の選択がむずかしく、育児経験の乏しい母親は極端な判断に陥りやすいことが、その背景にある。

さらに育児への心理・物理的環境、完全主義を求める母親の性格、子どもの側の要因なども影響している。

ゆとりをもって育児ができるよう、夫をはじめとする周囲の協力や助言が望まれる。

長谷川桜子~ベビー向け健康グッズ・食品雑貨・キッチン小物

育児ママ(長谷川桜子)

出生数の減少や家事労働の軽減化によるゆとりを、自分自身の充実にではなく、子どもの育児に過剰に費やす母親をいう。

多様な育児情報や極端な早期開発論に影響され、子どもの欲求を先取りしたり、生活に干渉してしまい、子どもの自律性や社会性習得の機会を奪ってしまうことになりがちである。

進学競争は低年齢化してきており、その育児熱は、子どもの高学歴獲得に至上の価値をおく教育ママの教育熱へとつながっていく。

長谷川桜子~ベビー向け健康グッズ・食品雑貨・キッチン小物

カギッ子

両親が仕事をもっている核家族の子。

放課後誰もいない家に帰るため、家の鍵をつねにもっていることから、こう呼ばれる。

主婦の就労は、金銭的な余裕をもちたい、仕事を通して生活や自己を充実させたい、という意識の反映であり、今後さらに増加すると思われる。

しかしながら、共働き家庭の乳幼児の教育を援助する施設として保育所はあるが、小学生のための学童保育は不十分で、カギッ子の放課後の生活指導が問題である。

長谷川桜子~ベビー向け健康グッズ・食品雑貨・キッチン小物
風疹の発疹は、ふつうのはしかと非常によく似ていますが、この2つはぜんぜん別のものです。

風疹の場合は、鼻汁が出たり、セキが出たりといったカゼの症状は現われません。

ノドが少し痛む程度で、熱もふつうは、そんなに高くなりません(39度以下)。

だから、かかっても、ぜんぜん気分は悪くならないのです。

発疹は、平べったい、ピンクのポツポツで、はじめの1日で体中に出ます。

2日目になると、色はうすくなりますが、斑点がつながって1つになってしまうので、もうポツポツではなく、からだ全体が赤く見えます。

この病気の一番大きな特長は、頭や耳のうしろ、クビの両側とうしろのリンパ腺が腫れることです。

これは、発疹の出る前から腫れはじめ、病気がなおったあとも、しばらく腫れていることがよくあります。

ときには、気がつかないくらいわずかしか、発疹が出ないこともあります。

長谷川桜子~ベビー向け健康グッズ・食品雑貨・キッチン小物
はしかに2度かかる人は、まずありません。

はしかは、1才のころにワクチンをすれば、かからずにすみますから、やっておくべきです。

しかし、ワクチンをしていなくても、はしかがはやってきたときに、ガンマ・グロブリンの注射をすれば、かからずにすむこともあるし、かかっても軽くてすみます。

3才か4才までは、はしかにかからないようにした方がいいのです。

この年ごろでは余病をおこしやすいし、それも、重くなることが多いからですが、もっと大きいこどもでも、ことに疲れやすい子とか病気をしているときなどは、やはりこの注射で予防した方がいいとおもいます。

とにかく、はしかがはやってきたら、グロブリンを注射した方がいいかどうか、急いで医者に相談しなさい。

グロブリン注射の有効期間は、わずか2週間です。

長谷川桜子~ベビー向け健康グッズ・食品雑貨・キッチン小物

はしかのときにはからだをひやしてはいけない、などといって、こどもが汗をかいているのに部屋をあたため、厚いふとんをかけたりする人がいます。

はしかのときでも、ふつうの熱のある病気と同じように扱っていいのです。

気持がいいなら、水枕をしてもかまいません。

よその子と遊ばせてもよいのですが、外に出すのは、日本では2週間以上たった方がよいでしょう。

はしかは、感染して、9日から16日の間に発病します。

そして、ごく最初の、カゼのような症状のときからもう、ほかの人にうつす心配があるのです。

カゼをひいていたり、ノドを痛めている人は、はしかにかかっているこどもの傍へ行ってはいけません。

カゼのウイルスや菌が余病をひきおこす恐れがあるからです。

長谷川桜子~ベビー向け健康グッズ・食品雑貨・キッチン小物

リトミック

スイスの作曲家エミール・ジャック・ダルクローズによって創案された音楽教育法である。

リズム教育を通じて、精神と身体との調和、集中力や記憶力の育成、自発性と創造性の育成などを目的としている。

広く世界に知られ児童教育に取り入れられている。

内容や方法は、身体の運動(舞踏)を通して諸能力を養うので音楽に反応する訓練が中心である。

一方、即興的な動きや演奏(ピアノ)も重視し創造性を身につけていくよう指導する。

わが国では、ダルクローズから(1923年)実際に学んだ小林宗作がはじめて幼児教育界に導入した。

その後、徐々に普及し、今日の保育の場では広く実践されるようになった。

しかし、内容を幼児向きに変えているので、本来の創造的な面がやや少ない。

世界的な音楽教育者のコダーイやオルフもダルクローズのリトミックの影響を受けている。

長谷川桜子~ベビー向け健康グッズ・食品雑貨・キッチン小物

合奏指導(長谷川桜子)

二つ以上の音色の異なる楽器を組み合わせて同時に演奏することをいう。

保育の場では簡易楽器(打楽器)を主に用いるのでリズム合奏ともいう。

したがって、旋律は保育者がピアノで受けもつことが多い。

合奏(アンサンブル)の指導は、楽器の音色や表現の仕方に興味を向け、互いに聴き合って演奏し楽しむことを重視する。

日常の楽器遊びを発展し進めると無理がない。

楽器の役割分担では、音をだす果たすべき役目と互いに聴き合って奏する協調性の両面の育ちを大切にする。

編曲してある合奏譜を用いる場合は、各楽器の数が示されていないので、保育者は編成する人数と音量のバランスなどを事前に考慮しておく。

つまり、幼児が音の美しさを体得するうえに直接つながる必要な配慮である。

役割分担を押しつけることとは意味が違う。

長谷川桜子~ベビー向け健康グッズ・食品雑貨・キッチン小物

楽器指導

幼児は身近な物を叩く、振る、こするなど、音を試したり確かめたりすることを好む、また、自然界や生活にともなった音にも敏感である。

まず、こうした積極的な願望や行為を将来の音楽的な自己表現の基礎としてとらえる。

保育の場では、打楽器や擬音楽器などを用意し幼児が興味を発揮できるようにする。

楽器にふれながら多様な音の出し方や適切な扱い方、また音に思いを抱くことや音の快さを十分に体験させる。

活動の主なものは、・音を使ったゲーム・歌の一部分に楽器を加える・曲奏を楽器であらわす・楽器づくり・斉奏や分担奏・効果音づくりがある。

これらの活動を通して、音色の発見や選択、打ち方による強弱やリズム変化、楽器の役割分担の必要性など、音楽の基礎となる音感覚を自ら体得できるように指導する。

つまり奏法の指導に偏らず活動の過程で育つものにも目を向けたい。

長谷川桜子~ベビー向け健康グッズ・食品雑貨・キッチン小物

夜尿症のこどもに必要なのは、自分も一人前の人間だという自信です。

といっても、これは1日やそこらでできるものではなく、まわりの人の力をかりて、少しずつ身につけていくものです。

一番手っとり早いのは、児童相談所とか、小児精神科医に相談してみることです。

その子が、おねしょの他にも、いろいろな問題をかかえているようなときは、なおさらです。

しかし、それが無理なら、その場、その場でしてやれることも、いろいろあります。

まず、親がいつもこどもを勇気づけるような態度をとることです。

たとえば「よそにも、おねしょをする坊やはいるけど、みんな、いつかはしなくなるのよ」と話してやります。

そして「きっと、坊やも、もうすぐそうなるわね」と、はげましてやります。

長谷川桜子~ベビー向け健康グッズ・食品雑貨・キッチン小物

飲みものを制限する

夕方、5時を過ぎたら、飲みものを制限するのも感心したことではありません。

これは誰だっておなじで、いけないといわれると、ますますノドがかわくような気になるものです。

こんなことをすると、毎晩のように「のませる」「のませない」でもめてしまいます。

こどものためにも、またお母さんのためにも、決してよいことではありません。

よごしたシーツを自分で洗って干させるのも、友だちに自分のしくじりが知れやしないかと、ピクピクするだけのことです。

なにも、恥ずかしいということをしらないために、おねしょをするわけではないのです。

それどころか、5才を過ぎた子なら、たとえ何百万円積んでも、出来ることならこんないやなおもいは、したくないにちがいありません。

自分でももらすまい、もらすまいとつとめるのですが、おねしょの原因になっている無意識の感情を、どうすることもできないのです。

長谷川桜子~ベビー向け健康グッズ・食品雑貨・キッチン小物

盲腸炎の症状(長谷川桜子)

盲腸炎の症状は、人によっていろいろ現われ方がちがうから、医者にみてもらわなければいけないのです。

医者は、まず、お腹のあらゆる部分を、深く、静かに押してみて、右側のどこかにおして痛いところがないか見当をつけます。

診察のようすを見ているとわかりますが、医者はお腹を押すたびに、痛むかどうか聞いたりはしないものです。

むしろ、自分のしていることから、こどもの気をそらせよう、そらせようとします。

というのも、お腹が痛いと、ことに小さい子は、聞かれるたびにどこでも、 「そこが痛い」とおもしろがって答えるからです。

お腹の右側におして痛むところがみつかると、医者は盲腸炎らしいと考えます。

そして、もっとハッキリさせるために、白血球の数を測定することもあります。

からだのどこかに感染があると、白血球がふえているはずだからです。

しかし、このテストでは、どこが感染しているのかはわかりません。

熟練した医者でも、盲腸炎かどうか、たしかな判断のつかないこともよくあります。

こういうときでも、盲腸炎の疑いがつよいときは、医者は手術をすすめますが、それにはそれだけの理由があるからです。

もし本当に盲腸炎だったら、グズグズしていては危険だし、かりにそうでなくても、すぐに手術して盲腸をとっても、それほど害はないからです。

長谷川桜子~ベビー向け健康グッズ・食品雑貨・キッチン小物

こどもの胃腸炎

小さいこどもは、ムカムカして気持がわるいと「おなかが痛い」といいます。

そういったあと、すぐに吐くことが多いようです。

胃腸にいろいろな感染がおこって、おなかが痛くなる病気もいろいろあります。

腹痛のほかに、吐き気や下痢をおこすこともあるし、ときには、両方のこともあります。

こういう症状をおこすものを、おおざっぱに「腸のインフルエンザ」とか、「腸感冒」とか、呼ばれています。

こういう病気はよく家族の中で次から次へとうつります。

しかし、ときにはこの「流行性腸感冒」が、赤痢だったり、パラチフスだったりすることもあります。

熱は出ることも、出ないこともあります。

長谷川桜子~ベビー向け健康グッズ・食品雑貨・キッチン小物

三歳までの育児憲法をあげてみよう。

よくねむれるような状況をつくりだしてやることであり、「ねる子は育つ、ねる子は育つ...」と、つねにくちずさむことだ。

子どもは、ひるまは活発に動きまわるのが仕事なのだから、早く寝て、早く起きる生活をさせる。

親の遅寝、遅起きとのバラソスの取り方を工夫しなくてはいけない。

よく食べる子どもであるためには、よくねむらなければならない。

ねむらないで食べるという芸当はむずかしい。

意欲的に、「しあわせいっぱい胸いっぱい」といった、食ぺるたのしさを教える。

よくかんで、好ききらいなく、こぼさないで、ある一定の時間内にすませる技術を身につけさせなくてはならない。

ダラダラ食べは全生活のリズムをルーズにさせる。

きまった場所で食べたなら、きまった場所で排泄をする。

「ね、食べたらでるのよ。上から入って下からでるのね」ということをわからせる。

排泄すれぽよごれる。

よごれたらきれいにふきとる。

三歳すぎにはひとりで始末できるようにさせること。

長谷川桜子~ベビー向け健康グッズ・食品雑貨・キッチン小物

赤ちゃんの吸収力

赤ちゃんはただ何となくテレビを見ているのではなく、そこから確実に何かを得ている。

しかし、一方ではマイナス効果として言語発達のおくれが目立つ子どもがでてきている。

あと二、三年以内にヨーロッパの母親たちが日本の母親たちのところに学びに来るだろう。

「テレビをみせながら食事をさせてもよいかどうか」などという素朴な質問を持ってー。

一歳をすぎる頃にはたどたどしくてもどうやら歌詞らしいことばをいう。

からだはちゃんとリズムに乗ってくる。

ゴーゴーなどうまい子がいるのでびっくりするほどだ。

子ども(一歳~二歳)は、スローバラード的なものは反応しにくいが、ゴーゴーやボサノバのようなテンポ・リズム共に快調なものに対してはどんなに速くしても、調子を上げても、ついていく。

すでにこの頃から音楽に包まれてリズム・テンポ・メロディー、そしてそのあとに歌詞といったように身につけていくのである。

長谷川桜子~ベビー向け健康グッズ・食品雑貨・キッチン小物
子どもは「サヨナラ」のひびきよりも、「バカ」といってチョコンと頭をさげたほうが自分にとってなんともいえない心地よさがあったりすると、それをやる。

人をみれば、やたらと、「バカ」といったりして、母親を赤面させる子がいる。

それは自分自身そのことぽにいい気持ちになっているのである。

自分の発したことばでなんでも知っているえらいおとなたちが、いろいろ態度がかわったりする。

それがうれしくてたまらないのだ。

子ども同士で、出あって「バカ」「イヤ」とやると相手もそういうのでちっともおもしろくない。

だから、ご同輩の二歳から三歳児には使わないのだ。

子どもは特別にことぽを使いわけているわけではないが、おとなに対しては敬意を表している。

おとなは「なぜ」ときく対象であり、なんでも知っているはずだし、わかんないこと、できないことはないと思いこんでいるからだ。
それなのに使っていけない「バカ」「イヤ」がある。

頭の中により複雑なものがまた、できあがってきた......そんな感じがこの年齢のことばのありさまなのだ。

長谷川桜子~ベビー向け健康グッズ・食品雑貨・キッチン小物
生まれて三ヵ月目ごろからことばを理解しはじめる。

最初の誕生日ごろにしゃべりはじめるというのが、学者の研究の一致するところだ。

子どもはことばを使いだしたらはやい。

たとえ自分でそれが使えなくても、母親のくちもとをよく見て、その動きをおぼえようとする。

しかし、まだたくさんいえないし、使えない。

だからひとつのことばで、いろいろに役立たせようとするし、広く理解していこうとする。

火をつけるのにマッチをつかう。

「マッチ」をおぼえた子どもは、火ーマッチ、と考える。

ストーブが燃えているのも「あっ、マッチ!」だし、たき火の火や、お風呂の火もマッチである。

一つでいくつにも転用していく。

長谷川桜子~ベビー向け健康グッズ・食品雑貨・キッチン小物
食べものは手あたりしだいにおぼえる。

そのとき、味を教えるのをわすれないことだ。

日本人の食生活はきわめてデリケートで、その上、万国博など必要としないくらい、万国の食生活を行なっている国民だ。

みそ汁、ミルク、スープ、けんちん汁、わんたんなどと、各国の食べものがでる。

そしてみんな、日本人好みの微妙な味つけとなって仕上がっていることに注目したい。

だから食べものの名称を教えるときでもこれは忘れてはいけないことだ。

長谷川桜子~ベビー向け健康グッズ・食品雑貨・キッチン小物

「ウマ、ウマ」という一言

「ウマ、ウマ」という一言も、「欲しい、ちょうだい」という意味もあれば、「いらない」「これは食べものだよね」「食ぺものすきだ」など、いろいろなものに転用し、ひとつのことばで多くの意味づけをしていることがある。

とにかく、母親はことばをたくさん、それもハッキリとした口調で、ゆっくりと語りかけることだ。

一歳になればもうみんなの仲間入り、言語を持つ人間としての生活がはじまる。

ウマウマがあいことばと思っているうちにひと通りの名詞をおぼえてしまう。

これが一歳半から二歳児だ。

それ以外のむずかしいことばのアヤなども教えればわかっていく。

長谷川桜子~ベビー向け健康グッズ・食品雑貨・キッチン小物

待望の「パパ」ということば。

「おとうちゃん」よりも「パパ」のほうが発声的にみてもでやすいのだから、「パパなんておれはいやだ」なんていわないで、しばらくは「パパ」で甘んじることも父親として必要である。

パパ、ママ。

ウマウマ、ウーウー、ブーブー、ピーピー、パーパー、スースー、ズーズー、ハーハー、オーオ、イイー。

というような、重ねた音を使うようになれば、使わせていく。

その際、大事なのは、ことばには意味があり、それにしたがって使い方がわかれていくことを、教えていくことだ。

長谷川桜子~ベビー向け健康グッズ・食品雑貨・キッチン小物
五ヵ月になったら、風呂敷をかぶることを教えてやる。

それも布地の厚手のものではなく、わずかにすき透って、さきがみえるものがよい。

厚い布地は目先まっくらで恐くなってしまう。

ややうすい、ちょっと目がなれれば、透視することがたやすいものがいい。

クチュクチュ→ケラケラ、イヤ!

急に「イヤ!」が飛びだしてびっくりする母親がいる。

わが耳をうたぐる。

どこから「イヤ」という、ちゃんとことばになった声がでたのか......それがわが子の声だと思うと、そのおどろきはさらに深くなる。
乳幼児たちは、ちゃんと母親の日常の生活をよく見、そしてそれを、こころに写しているのだ。

そうなるとあとは、はやい。

長谷川桜子~ベビー向け健康グッズ・食品雑貨・キッチン小物

骨折の心配(長谷川桜子)

ヒザを挫いたときは、どんなときでも医者にみせ、充分に手当をしてもらわなけれぽなりません。

ヒザの軟骨を痛めたのを、そのまま放っておくと、ちゃんとなおらず、何年も悩まされることがあります。

手首を挫いて、じっとしていても痛むときはもちろん、動かすと痛むというときでも、骨折ではないかと疑ってみる必要があります。

みたところ手首が不自然に曲ったり、腫れたりしていなくても、骨折でないとはいいきれません。

そんなわけで、捻挫の痛みがいつまでもとれなかったり、腫れてきたりしたら、かならず医者にみせて検査をしてもらうことです。

骨折の心配がなくても、ただの捻挫でも、副木なり包帯なりを正しくあてておく方が、ずっとラクだからです。

長谷川桜子~ベビー向け健康グッズ・食品雑貨・キッチン小物


ひどい炎症は、すぐに新薬を使ってくいとめなければならないからです。

湿布には冷湿布と温湿布と二通りのやりかたがあります。

冷湿布は化膿がすすんでいるとき、温湿布は化膿がいくところまでいって、はやくウミをだしてしまいたいときにするものです。

つまり、うみはじめて、ズキズキ痛いときは、冷湿布をし、2、3日して痛みがとれたら温湿布をします。

こどもが、足首を捻挫したときは、枕でもあてて足を高くし、30分ほどねかせます。

こうすると内出血や腫れを最小限にとめることができます。

ひどく腫れてきたら、必ず医者に相談することです。

骨にヒビが入っていたり、折れている場合もあるからです。

長谷川桜子~ベビー向け健康グッズ・食品雑貨・キッチン小物

化膿しているところに、ガーゼか清潔な布を、すこし厚めにたたんであて、上から今の液をかけて充分にぬらします。

液は、2、3時間おきにかけて、乾かないようにします。

夜など、湿布の上から、冷蔵庫に物を入れるときに使うポリエチレンの袋や、ビニールのような防水性のものでおおっておくと、湿布の乾きもおそくなり、衣類や寝具をぬらさないですみます。

これは、湿布全体が、すっかりかくれる大きさでなければダメで、かぶせたら、ずれないようにばんそうこうでとめておきます。

ただし血液の循環をとめてしまうことがあるから、腕や足に、きつく巻きつけてはいけません。

熱が出てきたり、腕や足に赤いスジが現われたり、腋の下やもものリンパ腺が腫れたりしたときは、炎症がひどくなったのですから、緊急の手当が必要です。

たとえ夜中でも、どんなに遠くても、医者なり病院なりに連れていかねばなりません。

長谷川桜子~ベビー向け健康グッズ・食品雑貨・キッチン小物

ケガをすると、たいてい2、3分は多少血が出ま6すが、これは、むしろ傷のためにはいいことなのです。

血が流れるときに、傷口のバイキンを、いくらかでも洗い流してくれるからです。

こういう出血ではなくもっと多量で、いつまでも止まらない出血のとき、はじめて特別な手当が必要になってきます。

手、腕、足、脚の出血は、傷口を高くすると早く血がとまります。

こどもを寝かせ、ケガをした手なり足なりの下に、枕を一つか二つあてがいます。

血がどんどん出ているときは、消毒ガーゼか、きれいな布を傷口にあてて押えます。

そして、血があらかた止まって、もう包帯をした方がいいとおもったら、高くしたまま、傷口をき.れいにしてから、ガーゼを当て、とめます。

長谷川桜子~ベビー向け健康グッズ・食品雑貨・キッチン小物

傷口にあててあるガーゼ

ガーゼやあて布は、あまり取りかえない方が、傷のなおりも早いし、化膿することも少なくなります。

ひどくゆるんだり、汚れたりしたときは、その上から新しいのをあてます。

おおいをとるときは、そうっと静かに、傷口にあててあるガーゼなどは、傷口とおなじ方向にはがします(たとえば、傷が、腕にそってタテに切れていたら、ガーゼは、上からでも下からでも、とにかくタテにはがすわけです)。

こうすると傷口がひっぱられて口をあけたりすることが少なくてすみます。

ガーゼがくっついていたら、3パーセントのオキシフルをたっぷりしみ込ませてから取りなさい。

切った日の夜くらいは、ズキズキ痛むかもしれませんが、べつに心配することはありません。

しかし、時間がたつにつれて、痛みがだんだんとひどくなるようだったら、化膿しはじめたのかもしれませんから、おおいをはずして、傷口の様子をみることです。

もし、はれていたり、赤くなっていたら、医者に診てもらってください。

長谷川桜子~ベビー向け健康グッズ・食品雑貨・キッチン小物

市販の袋入りの消毒ガーゼ

大きな傷には、市販の袋入りの消毒ガーゼとか、清潔な木綿の布を四角にたたんだものを使います。

それを、巾の狭いぼんそうこうでとめておきます(小さい子は、包帯だけでは、すぐにゆるんでしまいますから)。

包帯はきつすぎても、ゆるすぎても、よくありません。

ばんそうこうを、腕や脚にぐるぐる巻きつけてはいけません。

血液の循環がとまってしまうからです。

足や手がむくんだり、紫色になったりするのは、とめ方がきつすぎる証拠です、すぐにゆるめなければいけません。

しかし、指だったら救急ばんそうこうで巻いても、あまりきつくしなけれぱ、かまいません。

ガーゼは、ばんそうこうをたっぷり使ってとめると、ずれるのを防げます。

長谷川桜子~ベビー向け健康グッズ・食品雑貨・キッチン小物